良い情報をしる

労働

クレーンの点検について知っておくと良い情報を紹介します。これらは一度にワイヤーロープを通して、車の約50台から70台の重さを釣り上げる事ができます。つまり、約70トンの負荷がかかるのです。水平にクレーンを釣り上げるにはクレーンだけでなくロープや全体を点検する必要があるのです。クレーンにも種類があり、天井クレーンから橋型クレーンなど50種類も種類があるのです。それぞれ、点検方法も異なり専門の業者が行っています。次にこれらを点検するには作業灯を使っています。灯りの強さがそれぞれ違います。内部全体を照らしたり、良く観察したいところを照らしたりするためです。内部点検をする時には2つの作業灯を使って点検します。クレーンを点検をするにも細かい配慮が必要なのです。

これらを工夫することで得られるメリットを紹介します。同一軌道上のクレーンの衝突を避けるために、修理点検用ストッパーが開発されたのです。昇降移動時に作業者の墜落や工具等の落下の危険性が指摘されていたのです。なので、レール横に設置した支軸にアームを介したストッパーを支軸の旋回によりレール上に設置できるよう工夫したのです。なので、点検デッキからストッパーの取り付けや取り外し作業ができるようになったのです。作業者の墜落や工具の落下の危険性が格段に減ったのです。さらに作業者の姿勢も安定して、作業に余裕が出来ます。以上の工夫から作業時間が今までの6分の1に短縮されて効率が良くなったのです。天井クレーンの点検の安全性が工夫により改善されたのです。